2019年5月20日月曜日

BMW X3 (G01) 20d xDrive Mスポーツ 代車でまるっと一日約200kmあちこち試乗記

先日届いた、320dの燃料ホースのリコール。
昨日預け、2泊させて交換してもらうことになったわけですが。

今回の代車は、こちらです。
X3 (G01) 20d xDrive Mスポーツ。
・・・の、スタッドレス仕様(苦笑)

そんなスタッドレスタイヤを履きながら、皮肉にも夏日となった本日、片道約100kmの遠出から街中のあちこちまで使い込んてみた感想でも書こうと思います。


【F30dMメンテ】エアコンクリーニング by 過炭酸ナトリウム ~エバポレーターのカビを剥ぎ取ったら匂いが消えてエアコンの利きもよくなりました♪~

娘を習い事に送迎していた、先週土曜日の出来事。
久しぶりにエアコンをつけたところ、いや~な臭いが・・・。

臭いに敏感な娘はすかさず、
「うげぇ~、くさいよ。これ。。こういうの嫌だな。」

パパ、がーん。

昨年マイクロフィルターの交換をした際、エアコンクリーニングをやろうかやるまいか検討したものの結局やらなかったのですが、このときほど自分の怠惰さを恨んだことはここ最近ありませんでした。。(ナーンテw

なーんてことがあったわけですが。
エアコンが臭いのは、エバポレーターにカビが巣食っているからと原因は分かっているわけで。

であれば、お家のエアコンクリーニング(もちろんDIY)でいつも活躍している過炭酸ナトリウムでやっつけちまいましょう!


2019年5月6日月曜日

BMW 3シリーズのみならずあらゆる車種のゴミ箱問題を解消するベストソリューションなあれ

いつどんな車種に乗っても大抵問題になる、車内におけるゴミ箱の置き場。
それほど室内、特にゴミ箱を置く場所として最も適している後部座席の足元がそれほど広くないBMW 3シリーズのような車にとって、その存在は後部座席の乗員に我慢を強いる羽目になるわけで。

かくいう我が家も、娘が年頃になるにつれ、これが足元にあるのは嫌気がさすようでして(娘は後部座席左側が指定席なんです)。
まあ確かにそうだよな~って感じで、毎度ドライバー役の私も納得。
ゴミ箱ごときで、外出や旅行の楽しい気分に水を差すのもあれですからね。

そんなこんなであれこれ物色したところ、ベストソリューションなあれをゲトしました。


2019年5月5日日曜日

Mobil1 ESP Formula が廃番&改称でLL04じゃなくなっちまった ~代替はWAKO'S 4CT-S40かな…後、elf EVO LLX 5W-30にしようかと~

【初稿 2019/05/02 17:11】

と、そんな感じで久々に書きます。

いや~、本当に久々のアップですね。
先月は忙しくて新・過●死ラインまであと1時間ってところまで残業&休出しましたが(暗黙の調整ありw)、ブログを上げれなかったのはそれだけではなく、資格やらSQLやらの勉強で忙しかったから。

で、そんな多忙な日々に軽く忙殺されつつ久々に連休が取れた今日この頃、なんとなしにオイルを調べていたら、ESPフォーミュラがESPに改称されていることに気付き。
そのままなんとなしにPDSを確認したら、BMW LL04が付いておらず。

あれれ?と思いつつも、ESPの改称前後の各々の性状をその他のLL04承認オイルも含めて比較し、今後のオイル銘柄を選定してみたのでネタにします。


2019年5月3日金曜日

アウディS4、TDI+マイルドハイブリッドになる。

少し前に、S6とS7に投入されたTDI+マイルドハイブリッド。
どうやらS4とS4アバントにも、それが投入されるようです。


2019年4月27日土曜日

【A4メンテ】あるあるトラブル@ドアタッチセンサー交換(アドバンストキー関連)~ドアハンドルにタッチしても開かなくなったら、ドアロック故障を疑う前にこれを交換してみよう~

【初稿@2014/12/9 5:59】
A4(8K, B8)前期・A5前期・Q5前期などで、2012年式くらいまでのモデルでよくある「あるあるトラブル」の一つ、ドアタッチセンサー(アドバンストキー関連)の不具合。

どういう症状かと言うと、
  • アドバンストキーを持った状態でドアハンドルに触れるだけで施錠・開錠ができるはずなのに、なぜか出来ない。
  • 反応の良いドアと悪いドアがあったり、出来たり出来なかったりする。
  • アドバンストキー本体での施錠・開錠(リモコン操作によるもの)は、問題なく出来る。
って感じです。

もう一つあるあるトラブルでドアロックアクチュエーターの故障がありますが、その場合にはアドバンストキー本体(リモコン操作)での施錠・開錠も出来なくなります。
(その場合には、ドアロックアクチュエーターの交換が必要になります。)


この不具合の原因は、ドアハンドルに内蔵されているタッチセンサーが壊れているからなんです。
しかも、1箇所壊れているだけで他の正常な箇所も誤作動したり反応しなくなったりするという。

このドアハンドルタッチセンサー、そもそもの構造的欠陥があるわけでして(詳細は後述)。
結果として、ドアハンドルの数分(クーペなら2個、それ以外は4個)の交換が必要となります。
で、それにかかる費用ですが、ディーラーで純正品に交換すると4箇所で6~7万円もかかります(驚

ですがこれ、このページの最後に記載してある同等品OEMを使うことで、半分以下の費用で交換することができます。
また、ちょっとだけコツが要りますが、自分でも出来るレベルのDIYだったりして、その場合には部品代のみの数千円~1万円ちょっとで上げることができます。


ちなみに必要な工具・道具類は、
  •  精密ドライバー or キリ
  •  T20トルクスドライバー
  •  養生テープ
になります。

そんなわけでハウツーDIY、いっときましょうか。


2019年4月2日火曜日

新型CLAクーペ、ドイツ本国WEBサイト(レギュラーページ)のロケ地は両毛のような中毛の某所

もはやシリーズ化しつつある、新型CLAのロケ地 in JAPAN シリーズ。
「両毛」「中毛」でピンときた方は、ぐんまちゃんのファンか北関東内陸部辺りにお住いの方でしょうか。

そんなわけで、新型CLAクーペが本国WEBサイトでレギュラーページ化されたわけですが。
その画像がその辺りだったという、そんな記事です。


2019年3月16日土曜日

加速する協業 ~『ダイムラーBMW』爆誕もなくはないはなしになりつつあるそんなはなし~

ここに来て徐々に距離を詰めつつある、メルセデスベンツのオーナー会社ダイムラーと、BMW。
自動運転向けのマッピングでアライアンスを組んだり、共同調達やら先進運転支援システムの開発やらで協業する場面が増えているようですが。

今回はなんと、プラットフォームを共同開発するかも・・・なんて噂が出回ってきました。



2019年3月15日金曜日

2019年3月10日日曜日

続・BMW 3シリーズ(F30系)の配線取り回しDIY ~リアドライブレコーダー編(煽り運転対策)~

先日、煽り運転にあった私。
T字路から広い通りに出る際かなり余裕があったので普通に入ったのですが、なぜか私が合流するなり急加速して車間ぴったり&センターラインからはみ出てオラオラしてきた、黒デリカ。

このご時世でもまだやる輩がいるとは・・・と思いつつ、相手にするのもあれなんで放っておいたのですが、これが意外にしつこくて。

その時は娘の習い事の迎えに時間がない(というか遅刻気味)だったので、そんな馬〇相手にしているどころではなかったのですが、思いもよらず娘の習い事の場所の付近まで※ついてきました。
しかも途中、見通しの悪いところでブレーキをやや急に踏んだらぶつかりそうになってるし(止まれないデカ車で煽るなっつーの)
幸い一歩手前で去りましたが、娘の習い事の場所がそんな〇鹿に知られるのも気持ち悪いな~って思いつつ、やっぱり万が一の備えは必要だなって思ったわけです。
※ その付近の居住者かと思って後日探しましたが、黒デリカは付近に停まっていなかったので、近隣住民ではなさそうです。

で、この度その備えとして、リアに後方撮影用のドライブレコーダーを付けてみました。


対症療法ではありますが、撮ってあるのといないのとでは事が起きたときの立証力の差は歴然でしょうし、撮ってあることで精神的な余裕も生まれます。
そんなリア用ドライブレコーダーの、F30における配線の取り回しについて書こうと思います。


2019年3月9日土曜日

巨大化するキドニーグリルの今後を(勝手に)考えてみる ~腎臓よ、もうこれ以上成長しないでくれ。~

どんどん肥大化する、BMWのアイコン「キドニーグリル」。


慎ましく調和させることを善とする美的感覚からは、首を傾げざるを得ないのですが。
気になるのは、今後のモデルまでこうなっていくのか?ということ。


2019年3月6日水曜日

メルセデスベンツCLAシューティングブレーク、2代目がデビュー@ジュネーブモーターショー

とまあそんな感じで、前触れ通りジュネーブで公開された、2代目CLAシューティングブレーク。
ざっとシューティングブレークならではの写真と、動画でも眺めてみましょう。


2019年3月3日日曜日

BMW X2 xDrive20i M Sport X 試乗記 ~2日間乗り倒して分かった、不人気の理由~

先日、リコール2件(エアバック交換とEGR点検)のため、マイF30dMをディーラーに一泊二日で預けました。

今回の代車は、BMWの最小Sports Activity CoupeなX2。
ちょうど有休だったのですが、100km以上あちこちに行くのに使わせてもらった結果、色々と分かったこと・感じたことがあったのでネタにしてみます。



次期BMW3シリーズツーリング(G21) のスパイショット! ~ジュネーブでデビューらしい~

先日、実車を拝見した新型3シリーズ
やはり新世代のデザインは秀逸ですが、少しばかり厳つくなり過ぎな印象がありました。

特にリアでそれを感じたわけですが。
もしこれがワゴンだったら、ちょうどいい塩梅になるのでは??なんて思ったりもしました。

で、そんな新型次期BMW3シリーズツーリング(G21) ですが。
ジュネーブで公開間近とされる中、スパイショットが撮られた模様です。


【マイF30dMカスタム】ドアのアンビエントライトの光量をマシマシ

F30って、各ドアにアンビエントライトがあるのって知っていました?
私、実は知らなかったんです(汗

だって、これですよ。
ちなみに光量最大です(苦笑
iPhoneの補正があってこの状態ですので、実際には手元を照らす役割を果たしているとは、とてもじゃないけど言えません。

そんなわけで、改良してみました。


2019年3月2日土曜日

2019年3月1日金曜日

プジョー508のムーステストの結果がすごい。 ~プジョーさんに失礼かもですが驚きました。。~

プジョーといえば「しなやか」「猫足」とよく形容されていることから、俊敏な動きは想像できなかったのですが。
そんな先入観を覆してくれたのが、こちらの動画です。


新型BMW 3シリーズ(G20) は ///M performance パーツでより映える! ~ポルティマオブルーとグロスブラックの相性がやたら良い~

もうすぐ試乗が可能となる、新型BMW 3シリーズ(G20)。
昨日ディーラーにお邪魔した際、3月初旬には登録が済み、試乗が可能になると聞きました。

そんな新型BMW 3シリーズ(G20)ですが。
ニューカラーである『ポルティマオブルー』ですが、Mパフォーマンスパーツありきですね。
というのも、グロスブラック系のパーツとの相性がものすごく良いからです。

VW T-Roc、ようやく日本上陸か? ~T-Roc Rも入る??~

なかなか上陸しないしその噂も立ち消えたような雰囲気だった、VW T-Roc。
コンパクトSUVの中でも、そのオシャレ感に期待を寄せているモデルなのですが。

ここに来て、少し動きがありました。


2019年2月17日日曜日

「Hey, メルセデス!でかいよ。。」って言ってしまいそうな大画面モニターがSクラスに備わる!?

どんどん大きくなる、インダッシュモニターのサイズ。
ボルボやテスラのみならず、なんとあのメルセデスまでもがでーんとでっかいモニターをインダッシュに鎮座させようとしているようです。


メルセデスAMG A35に興味津々 ~日常生活もやる気モードもこなせるおしゃれホットハッチ~

メルセデスAMGのコンパクト群の新たなラインナップ「35」モデル。
FRモデルの「43」モデルと平仄を合わせるべく、新型Aクラスからエントリーされてきたわけですが。

これ、なかなかいい感じじゃないですか?


2019年2月16日土曜日

ぅお!これ欲しい!!電動DBZスクーター(電動ドラゴンボールゼットスクーター)

実は、ドラゴンボール大好きな私。
マニアックとまではいきませんが、ドンピシャな世代ともあって超サイヤ人への変身シーンやかめはめ波の溜めを見ると無条件でワクワクしてしまいます(笑)

そんな戦闘シーンもさることながら、ブルマ家がオーナー企業であるカプセル・コーポレーションの発明品の数々も、何気に見逃せないところ。
ホイポイカプセルやタイムマシーンなども素晴らしいのですが、エアカーやエアバイクなどの乗り物も魅力的で現実にあったらつい欲しくなりそうなものばかりですよね。

そんな魅力的な、ドラゴンボールの乗り物。
実はこの度、スペインはバルセロナのあるベンチャー企業が、ドラゴンボールゼットに出てくる単輪式スクーターを作ってしまったようです。


2019年2月10日日曜日

VW パサート、FLでよりスタイリッシュかつ先進機能満載に。

ここ最近のVWって、スタイリッシュですよね。
しかも、先進機能も満載ですし。

そんな流れはとどまるところを知らず、むしろ加速してきているように感じたのが、FLしたパサート。

これ、かなりカッコよくなってませんか?
元々スタイリッシュだなとは思っていましたが、さらに磨きがかかっていますね。

そんなわけで、ちょっと見てみたいと思います。

2019年1月30日水曜日

Audi e-tronの実航続距離を見て感じたこと ~EVとしては素晴らしくても内燃機関から乗り換えるにはまだまだかな~

少し前に加熱した、電気自動車への急な舵切り合戦。
高まる環境意識(を利用した政治ショウ又はビジネス)やTeslaの台頭、さらには中国勢もこれに加わり始めるなど、まるで明日明後日にでも内燃機関が電気自動車に置き換わるかの如くな報道がなされておりましたが。

それはそれとして、仮に電気自動車に乗り換えざるを得ない状況に追い込まれたとして、それに乗ったとして、気になるのはその航続距離。
今回、Audi e-tronで実電費と実航続距離に関してあげられた動画があったので、それを見ながら私見でも書いてみようと思います。


2019年1月13日日曜日

※驚愕の画像追記※ 腎臓すくすく成長中 ~BMW 7シリーズ LCIのキドニーグリルがでっかいよ~

【初稿@2019/1/10 21:37】

いやこれいくらなんでも・・・
思わず読点もなく平仮名のみで呟いてしまいそうな、BMWのアイコン「キドニーグリル」の肥大化。

そんなのが見て取れるのが、BMW 7シリーズ LCIのリーク画像です。


新型スープラ、今度は公式動画(らしきもの)が流出。


よく漏れる、新型スープラの情報。
今度は、公式動画(らしきもの)がリークした模様です。


※後部座席情報追加※【朗報?】新型CLAクーペの全幅は現行よりも大きくなったけど小さくなった模様。

【初稿@2019/01/12 18:30】

そんなわけで、CLAネタが続きますが。


一見すると矛盾しているタイトルの真意を、書いてみようと思います。


2019年1月12日土曜日

CLAクーペとAクラスセダンのデザインを比較してみた ~同じAクラス派生の4ドアでこうも違うとは~

Aクラス(W177)からの派生モデルであり、4ドアモデルという点で共通項多数のCLAクーペとAクラスセダン。
カモフラの時点で危惧していたのは、そのデザインが似通ってしまうのではないかということ。

そんなわけで、案ずるより並べるが易し。
画像にて、具体的に比較したいと思います。


新型CLAクーペ、ドイツ本国のWEBページで日本の背景が使われる ~ロケ地のみならず主要ターゲットはニッポン??~

なんとな~く、CLAクーペのドイツ本国のWEBページを見ていたら、ヘッダー画像がこれでした。

「ヨドバシカメラ」「新宿西口」「東館」だなんて、もう完全に日本じゃないですか!

2019年1月11日金曜日

CLAシューティングブレーク(もちろん新型バージョン)の予想レンダリング!

そのスタイリングの良さにワクワクが止まらない、新型CLAクーペ
となると楽しみなのが、そのワゴン版であるシューティングブレーク。

早速、レンダリングが出来ていました♪


2019年1月10日木曜日

わたし的に絶対に車酔いするであろうフロントスクリーンモニターを備えた車、CES2019に現る。

個人的にあまり車酔いする方ではなく、仕事なんかで同乗している際にiPhone(ちなみに5s)をしばらく見てても酔ったりすることはないのですが。
なぜか、iPad(ちなみにmini2)を見ていると酔いやすかったりします。

車酔いって自分の平衡感覚と視界的な揺れのズレから生じることが一因のようですが、おそらくiPadのように画面が大きい方が、小さいiPhoneの画面なんかよりもそのズレが大きくなりやすいんでしょうね。
仕事の同乗時などGoogle Mapsでナビゲートしたり、撮影した写真を車内でチェックする場合にはiPadの方が便利なのですが、最近は酔うのが嫌で、車内で長時間見ることはめっきり無くなりました。

そう考えると、いくら先進性をアピールする場とは言え、こりゃないわ~って思わずつぶやいてしまったのがこちらです。


2019年1月9日水曜日

新型CLAクーペ、デビュー ~そのスタイリングは上位モデルのCLSを超えたかも~

CES2019で一番楽しみにしていた、新型CLAクーペのデビュー。
早速、公開されていました!


期待以上のスタイリングの良さに、ワクワクが止まりません♪

2019年1月3日木曜日

メルセデスベンツの新型SUV、GLBのスパイショット ~2019年最も期待するモデルなんです・・・うっかり忘れてましたがw~

うっかり忘れていた、メルセデスベンツの新型SUV、GLB。
実はちゃっかり、2019年最も気になる一台なんですw


次期 BMW 1シリーズ のスパイショット ~前輪駆動に対する賛否と個人的に思うことと~


ジュネーブ(3月)かその辺で公開されるであろう、次期1シリーズ。
前輪駆動モデルになることは、すでに周知のことと思いますが。

それに対する世間の意見と、私の考えを書いてみたいと思います。


次期メルセデスベンツCLAのスパイショット! ~ベビーCLSとなる線が濃厚?~

今年注目の一台、メルセデスベンツの次期CLA。
数日後に控えるCES2019でのデビュー前に、スパイショットが撮られました。


次期 AMG A45 のスペックがリーク!A45は387馬力、そしてさらに上のA45 Sの存在が判明!!

期待が高まる、メルセデス謹製 第二世代MFAの頂点たるホットハッチ「AMG A45」。


そのスペックがリークしたようです。
しかもそのリーク元は、ドイツの保険会社の見積りページからだそうな。
もちろん、ちゃんと見積もってみましたよ(笑)


2019年1月2日水曜日

あけまして2019年!今さらですが2018年の総括と今年の抱負的なものを書きます。

遅れ気味の新年のご挨拶となりますが。
その前に、旧年中は大変お世話になりましたm(_ _)m
そんなわけで、本年もよろしくお願い申し上げます。

そんなこんなで、まずは2018年の総括から入っておきます。