2018年6月23日土曜日

FLで排気量が1.5LになったC200に見る今後のトレンド ~ダウンサイジングエンジン+モーター@48Vマイルドハイブリッドのさらなる加速~

フェイスリフトによる様々なアップデートが公表された、メルセデスベンツCクラス(W205)。

その中でも特筆すべきは、ガソリンモデルのC200グレードに48Vマイルドハイブリッドが搭載されたことでしょう。
しかもこれ、エンジンの排気量は1.5Lにダウンサイジングされており、1.6Lのエンジンを積むC180より排気量が少なくなっているんです。

当然ながらC200の方がスペックが上なんですが、環境性能でもC200の方が上なんですよね。
これまでのセオリーからすると、逆転現象とも言えるこの事象。
おそらく、今後のトレンドとなることでしょう。

というわけで、ちょっと考察してみようと思います。


2018年6月10日日曜日

※追記あり※ 灰と煤と私 〜Carly for BMWのデータと不具合事例から考えるDPFとの付き合い方~

【初稿@2018/06/03 11:13】
先週記事にした、DPFクリーニング。
あれからまた色々調べたり、Carlyを使ってDPFで捕集している微粒子状物質の溜まり具合のデータを取ったりしていたら、あれこれ気づくことがあったのでネタにします。

結論から言うと、日本で販売されているBMWのクリーンディーゼルについては、走り方やオイル交換をよほど大きく間違えていなければDPFに問題が生じる可能性は極めて低い、ということです。

以下にて、Carlyで取ったデータに基づき考察してみます。


2018年6月9日土曜日

DMM AUTO でBMW 3シリーズ(F30) 320d を売ってみ ~スマホで撮るだけですぐに査定額がわかるんです~

日頃から何かとお世話になっている、DMM。
まぁあれとかでもお世話になりつつw、格安SIM(MVNO)と光回線(FVNO)をDMMに変えてますますお世話になってます度が上がっているわけですが。

そんなDMMから、スマホで何枚かの写真を撮るだけで愛車の査定額がすぐにわかる「DMM AUTO」というアプリが出たとのメルマガが届きまして。



ちょうどボーナス時期だし乗り換えるのにちょうどタイミングかな~なんて思いつき、試しにこれでBMW 3シリーズ(F30) 320d を売ってみようということに自分の中でなりまして。

で、試した結果、まさかの査定額がはじき出されまして。


そんなこんなの、まさかのF30dM売却未遂日記です。