2017年11月6日月曜日

初めて思った「スープラ、ありかも。」 ~アンチな私が翻意した意外な理由とは?~

新型BMW Z4をベースに開発が進む、トヨタ スープラ。
当初そのやり方に否定的だった私ですが、時とともにわりかしどうでもよくなって来ました(笑)

そんな、お好きにどうぞ~的なスープラでしたが。
案外ありかも?って思った、その意外な理由とは?





実は意外に単純で、「スープラはクーペだから」というだけ(笑)
というか、TMSでBMW関係者が「次期Z4はソフトトップしか出さない。」なんて言っちゃうもんだから、そんな風に思っちゃったわけでして。

雪国住まいで通勤にも使う必要のある私からすると、ソフトトップだけなんてあり得ません。
ルーフに雪を積めない車なんて車じゃない! by雪国の住人 …とまあ、そんな感じです。

もっとも、操作系統はじめあらゆる箇所はやっぱT社仕様になっちゃうんですかね?
そうなると、BMWならではのエルゴノミクスが無くなっちゃうのかなぁ?
BMWオーナーになって初めて分かった至る所や様々なシーンで感じるあのエルゴノミクス、それだけでBMWに乗る価値があると言っても過言ではありません。
なので、それが失われるとなると魅力半減、ベースはBMWであってもBMWに非ずと覚えてさえしまうわけです。

そんなわけで、まとめるとこんな感じです。
  • 雪国でも使えそうな「クーペ」として出されるスープラは魅力
  • だけれども、BMWならではのエルゴノミクスが失われそうで、それゆえ魅力半減と予想

ゆえに、いずれも私には向いていなさそうだなという結論。。
まあ、市場に出たらどちらも乗ってみて「純BMW」な感じと「T社エッセンスが混じったBMW」がどんなもんか、乗り比べてみたいもんですね。


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿