2017年11月4日土曜日

BMW X3 (G01) と X1 (F48) を並べて外観比較 ~似て非なるXモデル、ただしどちらもかっこよす~

日本でも遂に発売された、G01こと新型X3。
案の定、「X1と似ている」という声がちらほらなわけですが。

海外でもそう思う人が多いらしく、じゃあ並べてみてみようって感じでBimmerpostにスレッドが立っていました。
まったく同じ色で同じ角度から撮っているこの写真、並べて比較するのにとても上手に撮られています!






こうやって見てみると、確かに似ていますね。
でも、結構違いますよね。
なので、スレ主さんが “So similar yet so different.” (かなり似ているけど結構違うよ)ってかなりドストライクな表現です。

その板へのレスで「X1の方がかわいい」と書いていた方がいらっしゃいますが、個人的には逆の印象。
X1の方がキリっとしていて、X3は落ち着いた大人な印象がありますね。
おそらく「X1の方がかわいい」と感じられたのは、ヘッドライト下のフォグランプがえくぼ的な何かに見えたからでしょう(笑)

しかしまあ、こうやって見てみると、X3もX1もSUVとしてバランスの良い外観デザインですよね。
共通項は多いですしBMWデザインだな~って感じますが、それぞれの持つ立ち位置を上手に表現している辺りはさすがです。
つまり、X1はよりアグレッシブに楽しみたい人向け、X3はよりシニアな立場の方が乗って何でも楽しめちゃう車、そんな感じがしますね。


個人的には外観デザインと大きさはX1の方が好きですが、その他の見た目で分かる部分ではX3の方が好きです。

X1も非常に良いクルマなのですが、いかんせんあのシートだけは遠出で疲れそうで、もう少し何とかならんのかな~って思っちゃうのが本音です。
インテリアもX1は及第点ながらも、やはり新型5シリーズ同様となっている新型X3のインテリアにはとても魅力を感じます。

さらに言えば各種機能関係での差は、かなり顕著です。
著しく進化したiDrive (NBT Evo ID6) やらConnectedDrive、デジタルメーター、ドライビングアシストプラスなどなど、新型X3が圧倒的に格上のクルマであることがこの各種機能関係の差に表れていますね。


そんな感じですが、X1(F48)がLCIしてどうなるか、そこも気になります。

既に高い完成度ゆえデザイン面で期待したい点は特にありませんが、強いて言えばえくぼ的なフォグランプをX3の様に横長にすればよりスタイリッシュかな~って思います。
あと、ヘッドライトはヘキサゴナル・デザインになるでしょうね。

それよりなにより期待しているのが、機能面でのアップグレード。
デジタルメーターとNBT Evo ID6以上はまず間違いなく実現されると考えていますが、あとはドライビングアシストの機能がどこまで増しとなるか?ですね。


そんなわけで、ますます勢いの増すBMW Xシリーズ。
今後も目が離せません。

んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿