2017年11月22日水曜日

やっと準備が整ったジャガーXEのモデル体制 ~遂に上陸したインジニウム・ガソリン・エンジン、そしてクリーンディーゼルAWDモデル、さらにInControl Touch Pro搭載などなど~

遂に上陸した、ジャガーXEの2018モデル。
ジャガー謹製「インジニウム・ガソリン」エンジンが加わり、遂にクリーンディーゼルAWDがラインナップされ、そしてInControl Touch Proまで搭載されるなど、メガ盛り増し増しで攻め攻めな感じです!

2017年11月17日 J17J006 スポーツ・サルーン「XE」2018年モデル 2017年11月17日(金)より受注開始 INGENIUMガソリン・エンジンを新導入し、ラインアップを14機種に拡充 最高速度 約322km/hを誇る「...
Beste Derさんの投稿 2017年11月22日(水)




ジャガー謹製インジニウム・ガソリン・エンジンについては、以前記事にしております。


そこでも書いた通り、これまでのフォード製エンジンよりも、パフォーマンスが良くて少燃費になる傾向があるんですよね。
日本ではディーゼルの方が先行して展開したこともあって、これまでのXEはどことなくディーゼル押しかなって感じでしたが、これでガソリンもますます売れてきそうですね。



そして、待望のAWDが入ってきました。
てっきり4気筒ガソリン300PSモデル辺りで入れてくるのかなって思ったのですが、まさかクリーンディーゼルで入れてくるとは。
ちょっと予想外でしたが、うれしい誤算です(笑)

ついでに言うと、ジャガーは全般的にAWDにも力を入れているわけですが。

今やジャガー全車種にAWDがオプションとして設定されています。XE、XF、XJ、F-PACE、F-TYPEにおいて、効率的な2.0ディーゼルモデルから高性能なガソリンスポーツカーまで自由に選択できます。 XJは、ジャガーの現在のラインナップ...
Beste Derさんの投稿 2017年11月22日(水)


ジャガーのインテリジェント・ドライビング・ダイナミクス(IDD)なAWDのいいところは、トルク配分を前後でほぼ0:100~100:0まで可変できること。
つまり、完全な後輪駆動(FR)状態から完全な前輪駆動(FF)状態まで、トルク配分を変化させることができるところです。
まあ実際には10:90~90:10辺りといったところなんでしょうけど、その可変を走行中は0.1秒、静止状態では0.165秒でやるというんだから、すごいですね。

そんなわけで、AWDがXEで、しかもクリーンディーゼルで入れてきてくれたのは、素直に素晴らしいと思います。
おかげでちょっとグラグラ来ています(笑)



さらにグラグラ要因として挙げられるのが、InControl Touch Proが搭載されたこと。
360°サラウンドビューカメラや、デュアルビュー・ディスプレイなど、なかなかどうしていい感じではないでしょうか。

そして、ADAS(先進運転支援システム)の類がアップグレードされたことも特筆すべき点ですね。
歩行者検知機能付きの緊急自動ブレーキや、ブラインドスポットがモニタリングだけでなく衝突回避のアシストまで付いたのは朗報と言えます。

この辺の装備関係のアップデートも、なかなか見逃せない内容だと思います。



個人的に感じるのは、XE 20d AWDのRスポーツが600万円を切る価格で出してきているのって、なかなか頑張っているんじゃないかということ。
AWDが得意だった某メーカーがハイパーインフレで売れなくなっている中、メルセデスとBMWのツートップに加え、欧州御三家入りしそうなジャガーがこれを投下してくるのは、何やら本当に「欧州新御三家」時代に入りつつあるような気がしてなりません。

そんなわけで、私もちょっと・・・というか、大分欲しいです、XE 20d AWD Rスポーツ。
XEってたまに見かけるんですけど、思わず振り返ってしまうカッコ良さがあるんですよね。
憧れるな~。

FRでしたが、以前XE 20dに試乗したときのフィーリングはとてもいい感じでしたし。


う~ん、最近治まっていたジャガー欲しい虫がまた騒ぎ出してきそうだぞ(苦笑)
欲しいな欲しいな~w



というわけで、ようやくモデル体勢が整ったと言えるジャガーXE。
これからさらに販売台数を伸ばしそうで、楽しみですね。

たくさん台数が出て、いいタマがたくさん市場に出回ることを願っております(笑)


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿