2017年8月31日木曜日

【F30dMカスタム】超絶便利なアイテム ~BMW センターパネル収納 ストレージボックス 純正交換タイプ~

運転席周りに収納があまりない、BMW 3シリーズ/4シリーズ。
特に私は見えないところに収納すると、そのまましまったこと自体を忘れてしまう性質なので、できれば目に見えるところにちょっとしたものを入れるスペースが欲しいな~って思っていたわけですが。

そんなところに、渡りに船。

これ、めちゃくちゃ便利です。
フィット感もよく、インテリアに馴染む純正的な質感もあって超絶ナイスなアイテムです。

そんなわけで、この超絶便利なセンターパネル収納(ストレージボックス)を、純正パネルと交換する手順でも書いておこうと思います。



準備するのは、パネル剥がしのみ。
マイナスドライバーで代用する場合は、先端にウェスを巻いておくといいと思います。
で、ご覧の通り、脇から挿してこじります。


こじって浮いたパネルを下から持ち上げます。
それから上のツメを外せば、パネル自体は外れます。


アッシュトレイ用のLEDライト?みたいなものを外します。
ツメで取り囲んで留まっているだけなので、折らないように注意しながら取り外します。


純正パネルから取り外したアッシュトレイ用のLEDライト?みたいなものを、センターパネル収納(ストレージボックス)の方に移植します。


センターパネル収納(ストレージボックス)を取り付けます。


取り付けは、上のツメを引っ掛けてから下のツメを押し込んだ方がうまくいきます。
要するに、取り外した時と逆の手順ってことですね。
ハマったら、チリが合うように微調整します。


所要時間は5分もあれば十分なくらいですね。
ご覧の通り、いい感じにインテリアにマッチしています。


使用すると、こんな感じです。
収納量はそれほど多くありませんが、冒頭書いた通り忘れっぽい性格ゆえ、こうやって細かいものを手と目が届くところに置いておきたい人なので、なかなか重宝します。
特にレーダー探知機のリモコンは、レーダーキャンセルする際にパッと手に取れる位置にないと危なくて今まで困っていたのですが、これを付けてからは困ることがなくなりました。
また、ご覧の通りペットボトルが干渉しないようになっていますし、少しサイズが大きいセブンイレブンのアイスコーヒーの出し入れも問題なく使用できました。


同様に、シガーソケットへのアクセスも問題なく。

アッシュトレイは使わないので知りません(笑)


以上、超絶便利なアイテム『BMW センターパネル収納 ストレージボックス 純正交換タイプ』のご紹介でした。



なお、このアイテムですが、ヤフーショップで販売しております。
☞販売ページはこちら
もしも在庫が切れているようで入荷をご希望でしたら、この記事のコメント欄からお知らせください。

そんなわけで、こちらの商品をぜひお買い求めください(笑)
☞販売ページはこちら


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿