2018年8月13日月曜日

私が BMW X2 をイマイチ好きになれない理由 ~それは日本限定のアレが原因~

そこかしこと人気の声を聞く、BMW X2。(←よく調べてません、適当ですw)
特に、そのスタイリングを気に入ってらっしゃる方が多いようですね。(←こちらもなんとなくな感じですw)


・・・が、個人的にはあまり好みじゃないんですよね。
(オーナーさんやファンの方には申し訳ございませんが。)

もっとも、嫌いというほどではなく、日本のラインナップに不満があるからといった方が正しいのですが。
その理由でも、詳しく書いてみようと思います。



まず一つ目は、日本のデザインライン。
なぜ、これがないのか?


そう、Xのない普通の「Mスポーツ」。
個人的には、このXがないMスポーツの方がSAC (Sport Activity Coupe) として相応しいデザインだと思います。

というわけで以下ではMスポーツとMスポーツXを、様々なアングルから比較してみたいと思います。


Mスポーツ(正面) 

MスポーツX(正面) 


 Mスポーツ(斜め前) 

MスポーツX(斜め前) 


 Mスポーツ(横)

 MスポーツX(横)


 Mスポーツ(斜め後)

 MスポーツX(斜め後)


 Mスポーツ(後)

 MスポーツX(後)

ご覧の通り、SACを構成する単語の内「スポーツ」「クーペ」の二要素においてどちらのデザインが相応しいかは、確実にXがないMスポーツの方だと思います。

もちろんMスポーツXのデザインを否定するつもりはなく、ラインナップの一つとしてあればそれはそれで面白いし、その存在に意義があることは確かです。
しかし、日本でのデザインラインを実質的にMスポーツXのみとし(一応スタンダードモデルもありますが…)、Mスポーツを入れなかったことは本当に理解に苦しみます。

さらに欲を言えば、Mスポーツにおいても不満はあります。
それは、フェンダーアーチやドアプロテクター(正式な名前知りません)用の余計な線が残されていること。
これ、何とかならなかったんですかね?
せっかくのMスポーツのデザインが、この余計な線によって減点させられます。

以上が、デザイン的な話しです。


そして、もう一つの原因が日本にはディーゼルモデルがないこと。
インポーター曰く、偶数はスポーツモデルだからディーゼルは似合わない、ゆえにガソリンのみだと。

じゃあ、2シリーズのアクティブツアラーやグランツアラーはどうなるんでしょう?
また、スポーツ性を強調するのなら、なおのこと先述のXじゃないMスポーツを入れるべきだと思います。
MスポーツXのデザインの方が若干「アクティビティ」の要素が強められており、むしろディーゼルが似合うデザインですし。
ここら辺に、とても矛盾を感じるわけです。

まあインポーターのそれは建前で、本音は別のところにあるのかもしれませんが。
色々と「オトナの事情」があるやもしれませんし。


そんなわけで、私が BMW X2 をイマイチ好きになれない理由は、日本におけるデザインラインとエンジンラインナップの問題が主だったものでした。
この辺、年次変更とかで拡充してくれるといいんですけどね。

あとはLCIなどで(しばらく先ですけど)、Mスポーツから余計なラインが消えてくれれば完璧です。


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿