2018年2月3日土曜日

新型Aクラス(W177)、ワールドプレミア ~もう完全に期待を裏切られたデザイン~

なんということでしょう。
新型Aクラス(W177)が公表されたのですが、もうそのデザインへの期待値を完全に裏切られました・・・。


いやはや畏るべし、、メルセデス。。










これ見て思ったのは、、
マジすげ~欲しい!

いや本当にカッコいいですよ、これ。
というか、実はあまり期待していなかったのを、いい意味ですごく大きく裏切られました。

というのも、新型CLSのデザインが自分的にはいまいちだったから。
その時はメルセデスも黒歴史に突入していくのかなという思いが少しだけ頭をよぎったのですが、この新型Aクラス(W177)でそうならないことを証明してくれたように思います。


いや、マジでこの新型Aクラス(W177)のデザインはいいですよ。
どの角度から見ても抜かりがないです。

Cセグハッチのカジュアル感を持たせながらも、クラスを超えた質感というか高級感がハンパない。
見る角度によってはクーペに見紛うほど、縦方向にも横方向にもシェイプされたルーフへのピラーの角度がやたらスタイリッシュ。
W176がずんぐりむっくりに見える最大の原因だったフロントフェンダーからボンネットまでが厚いのが解消され、すっきりスリムに見えるようになったサイドビュー。
フロントはよくてもリアが・・・というパターンが多い中、真後ろから見てもカッコいいとしか言いようがない抜かりのないリアビュー

【訂正】
目が慣れたらリアビューはイマイチですね。。
なんというか、テールライトとトランクリッドなどのデザイン的に目立つ部分が上にありすぎる上に、尻すぼみ感があって。
ここが新型Aクラス(W177)で唯一残念な点です。。

いや~、装備関係云々に目が行かないくらい、もはやデザインだけで買いたくなる一台です。
ほんと、これの4MATICとか本気で次期候補にしちゃいたくなりました。


で、やはりこうやって見るとMFA2は出来がよさそうですね。

VW(&アウディ)のMQBもその出来の良さは各モデルで証明されていますが、このメルセデスの前輪駆動アーキテクチャとして世に出され第二世代を迎えたMFA2も、それに負けず劣らずに仕上げてきたんじゃないでしょうか。
デザインで比較する限り、低床・ロングホイールベース・ショートオーバーハングといった点ではMQBと同等以上に見受けられ、走行性能や乗り心地の面でも少なからず見た目と同じくらい向上していると思います。

そんなわけで、期待するのは今後の派生モデル。
Bクラス・CLAクーペ・CLAシューティングブレーク・GLAをはじめ、新たにAクラスセダンやGLBもラインナップされますし、何やらもう1車種追加されるなんて噂もあるらしく。
個人的な予想ですが、その『もう1車種』はアウディTTのようなスポーツクーペじゃないかな~って思っています(以前そんな噂もありましたし)。

もうね、このMFA2を使って、そしてこんなデザインをベースに各モデルの個性を織り込んでまとめられて来られたらと思うと、鼻血が出そうなくらいワクワクしちゃいますよ(笑)

で、個人的にはそんな中でも、次期GLAに期待していたりします。
もともとGLAは結構好きでB8A4アバントから乗り換えるときも候補に挙がっていたのですが、あの後部座席の狭さがいかんともし難く、候補から外したんですよね。
ですが、それもMFA2で改善されていると聞きますので、その辺りが許容される可能性は非常に高まるわけです。

その一方で、もう次期GLAじゃなくて、この新型Aクラス(W177)そのものでもいいんじゃないかって、このワールドプレミアの画像や動画を見て思ってしまいました。
デザイン的な完成度がすごく高く、それだけで「買い」の一台とさえ思えますので。


いや~、早くこの新型Aクラス(W177)、上陸しないかな~。
ざっくり予想すると初夏辺りになりますかね~、日本上陸は。

絶対に試乗したい一台です、これ。


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿