2017年12月19日火曜日

Cクラス(W205) フェイスリフト、ヘッドライトデザインは2種類かも?

人間の顔の中でも目が印象を大きく左右するように、クルマのフロントマスクでもヘッドライト一つで印象が大きく変わることって少なくないと思います。
それくらい、クルマのパーツの中でもデザイン的に重要だったりするヘッドライトですが。

以前から気になっていた、Cクラス(W205) のフェイスリフトに備えられるヘッドライトのデザイン。
今回撮られたスパイビデオでは、2種類存在することが判明しました。












上の画像の方は、キラキラしていることから『ジュエルヘッドライト』と巷で呼ばれているもので、どうやらFLモデルでオプションとして用意される模様ですね。
ということは、機能的にはマルチビームヘッドライトなのかなって思うのですが、Eクラス(W213) のヘッドライトもマルチビームなのにもっとコンベンショナルなデザインなわけでして、Cクラス(W205) のFLがなぜこうもキラキラしているのか気になるところ。
もしかして、マルチビームのさらに上を行く、例えばデジタルライトのようなメガピクセル単位で照射コントロールできるものだったりするんでしょうか?

でもこのジュエルヘッドライト、光っているときはカッコいいんですけど、光っていないときは現行デザインと同じ方が私としては好み。
ジュエルヘッドライトは、爬虫類というかカマキリというか、仮面ライダーというか(笑)
そんな感じに思えちゃうんですよね。

まあでも、目が慣れてくるとまた違ってくるのかも知れませんが。


いずれにしても、ここまでカモフラが剥けてきており、かつヘッドライトも2種類のものが確認できたってことは、その登場は近そうですね。

年明け早々にしれっと公開、もしくは3月のジュネーブあたりでしょうか?
となると、来年の年央までには日本上陸ってことになるかもですね。

楽しみにしときましょう♪


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿