2018年1月22日月曜日

Amazon Echo (アレクサ) のその後、そしてAIガジェットのこれからを考えてみる。 ~特にサードパーティー製カー用品や車両との連携~

先日我が家にやってきた、Amazon Echoに宿りしアレクサさん。


実はもう、ドナドナしました(笑)
用途にもよるんでしょうけど、どうやら我が家には向かなったようです。



我が家に向かないと判断したのは、こんなことが繰り返されてしまったから。

子どもとアレクサのやり取りが始まる。
   ↓
いまいち通じないw
   ↓
要領を得ない子どもと、的外れなアレクサのやり取りが一定時間続く。
   ↓
妻の堪忍袋の緒がほころぶ。(注:切れてはいない。)
   ↓
妻曰く「機械相手に怒るのなんて(以下自粛」だそうな。それ故、無言で(緒が切れ得る前に←ここ大事)ACアダプタを抜く。


購入して2日程度で、これが5~6回程度起こったわけでして(苦笑)
私自身も、天気やニュースを聞いたり、Prime Musicを聴くだけの用途でこれは要らないよな~って感じになり。
何より、AIスピーカーごときで家の空気が悪くなるのって、なんともまあアレでして。。

AIスピーカーって、スマートホームを構築してハブとして使ったり、クルマにも搭載されたアレクサとの連携で初めて真価を発揮するような代物だな~って思いました。

そこで取るべき選択肢として思いついたのは、以下の3つです。
  • スマートホームを構築して、家中の照明や家電を音声だけで操作できるようにする
  • サードパーティ製の車両対応品を使って(※)、車両との連携を模索する
  • 時期尚早としていったん売却し、世の流れを見て必要ならまた買い直す
(※ 日本では未発売ですが海外ではあります。そんなアレコレな商品は後述します。)

で、私が取った選択肢は、3つ目のいったん売却して様子見するというパターン。
まあ、冒頭で書いた通りですね。


スマートホーム化は、「何かしたい心」をくすぐるものの、声で指示するくらいなら自分で動いた方が早いし、外出先から家電の操作なんてのも現在の我が家には不要。
そもそも、それをやるためには別途スマートリモコンやらスマートコンセントやら揃える必要もありますし、さらに言えば1Fと2Fにそれぞれ Amazon Echo を置かなければ、あらゆる部屋の機器をあらゆる場所から音声操作ができるようにならず、言わば片手落ちなスマートホームとなってしまいます。

そんなことしだしたらあっという間に万単位のお金が飛んでいくわけで、PCを買い替えるのに差し引き0円にしようと(何なら多少儲けようと)目論んでいた私のような人間にすれば、そんなナンセンスなお金の使い方はなく。

ですので、今後それらの周辺機器の値段が下がってくれば考えなくもないのですが、その動向次第ですね。


それよりもアレクサなどのAIに期待しているのが、AIスピーカー/スマートフォン/車両のインフォテインメントシステムとの情報連携です。
もしもF30dMにこれが備わっていたり拡張性があったとすれば、アレクサが妻の逆鱗に触れようとも手放さなかったことでしょう(笑)

そんなこんな調べている最中、簡易的に車両にアレクサを備え付けることができるサードパーティー性の製品を見つけました。(…海外製なのでたぶん日本語非対応。)





もしも日本でこれらのようなものが出たらどうかなって思って一瞬思い止まりかけたものの、これらは所詮アプリの中だけでの連携なんですよね。
私としては、それでは不十分なんです。
車両のインフォテインメントシステム(BMWで言えばiDrive)としっかり連携して、初めて効果を発揮すると思うんですよ、こういうのって。

私が思う、車両との完璧なAI連携って次のような感じです。
(注:無駄に長文ですw)

・・・
明日に控える家族旅行の前に、リビングでルート探索をしながらアレクサに話しかける。

DerBeste!(以下、)「アレクサ、私の好みに合う寄り道スポットを紹介して。」

アレクサ(以下、)「○○と△△があります。○○は通り道から少し外れますが最近話題のスポットで、Derさんの好きな■■があります。△△はお子さん連れでも楽しめる場所で食事もできますが、10:00~14:00は混むことが多いので、寄るのであればルート探索に寄り道時間に加えて想定待ち時間も入れておきます。どうしますか?」

「△△に寄ることにして。出発は9時で。そういえば、マイカーの燃料をどこかでいれなきゃいけないんだけど、通り道でガソリンスタンドがあるかな?できれば1/4くらいになった時点で入れたいんだけど。」

「まず△△の件は承知しました。行きの到着時刻を2時間増やしてしておきますね。また、できれば午前8時半までに出発した方が県道彼方此方線の渋滞に合う可能性が低くなると思いますので、ご検討ください。続いてガソリンスタンドの件ですが、国道**号沿いの●●が燃料1/4くらいで到達しそうなので、そこも寄り道リストに加えておきますね。これによる追加時間は5分にしておきます。」

「アレクサ、マイカーに今の旅程を送っておいて。」

・・・
そして翌朝、マイカーに乗り込む。

エンジンをかけ、起動されたナビゲーション画面には見事にそれらが反映されたルートと読み時間。
…完璧だ。
家族を乗せ、久しぶりの家族旅行に颯爽と駆け出す。

おっと、途中でアレクサおすすめの△△に寄るんだった…。
時間は大丈夫かな?
…さすが、混み時間も反映してある。

また、勧められた通り8時半出発したからか、道も空いているぞ。

あ!燃料大丈夫かな?
…っと思ったらGSセットしてあったな。
しかも、少し燃料が早めに減ったから一つ前の◆◆石油になっているし。

頼りになるぜ、アレクサ。

旅先はどこも始めて行く場所だけど、何も不安はない。
なぜなら、アレクサがいるから。
・・・

とまあ、こんな感じです(笑)
これくらいの連携をしてくれなきゃ、自分的には意味がないと思っています。

で、いつこれが実現するか?
それは誰にも分かりませんが、スマートフォンが登場した頃、今よりはるかに使い勝手が悪かったのが、今みたいに痒い所に手が届きまくってもういいですってくらいになるのに10年近くかかっていることを考えると、少なくともその半分(5年程度)は必要かなって思います。


そんなわけで、時期尚早ということで、アレクサさんとはしばしお別れという選択をした次第です。


さらばアレクサ、また逢う日まで。
(どこかでも書いた台詞のような?)


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿