2018年5月11日金曜日

BMW iDrive純正ディスプレイと交換できるAndroidモニター、BREX EntertainmentSystem Advanced Monitor と AVINのそれは同じものか?ちょっと比較してみた。

BREXから発売された『BREX EntertainmentSystem Advanced Monitor』。


Android搭載のマルチメディアモニターで、BMW iDrive純正ディスプレイと換装することであっという間に先進的なインフォテインメントシステムに早変わりなこちら。
なかなか興味深い品ですね(ちょっと欲しい)


でもこれ、似たような製品がアメリカにあったりしまして。
それは、AVINの『10.25" BMW 3 Series 4 Series M3 F30 F31 F32 F33 F34 F36 F80 2012 - 2018 Multimedia Navigation System』というもの。


果たして、その違いは?
ちょっと、比較してみようと思います。



さてさて、この手のことを書くとなると「私は中立です宣言」的なお断りをよく見かけますが、私は書きません。
お好きに解釈してくださいな、というスタンスです。
まあ内容を見ていただければ、中立かどうかは分かると思いますけどね。


そんなわけで、本題に入りましょう。
まずはスペック関係の違いを見てみましょうか。

【BREX EntertainmentSystem Advanced Monitor】
  • CPU・・・Rockchip PX3/QuadCore プロセッサー
  • RAM・・・ DDR3/2GB
  • ROM・・・32GB
  • 解像度・・・1280 x480
  • Android OS・・・7.1.1
  • 対応フォーマット・・・音楽(MP3/WMA/OGG/APE/FLAC/TTA/YAK/WAV)、動画(AVI, H.264, VC-1,MPEG-2, MPEG-4, XVID, DIVX, Real8, 9, 10, RM, RMVB, FLV, MP4, M4V, VOB, WMV, 3GP, MKV 1080P etc.)
  • モニターサイズ・・・10.25 インチ / 8.8 インチ※対応車種により異なる
  • 入力信号・・・アナログ映像入力 x1 DVR 映像入力x1 音声入力x1 マイク入力x1
  • 出力信号・・・リアモニター用アナログ映像出力x2
  • 通信ポート・・・USB(2.0) x2 ※内1 ポートはUSB-OTG
  • 通信機器・・・Wi-Fi / Bluetooth(機能限定)
  • 記録媒体・・・MicroSDカードスロットx1 (FAT/FAT32)32GB まで動作確認済 ※機種により非搭載
  • 動作保証温度・・・-30℃~+70℃
  • 動作保証湿度・・・5%~95%
  • 動作電圧/ 電流・・・最小動作12V、最大14.4V; 電流1A
  • 保証期間・・・購入日より1 年
  • 対応車種・・・3/4シリーズ(F30, F31, F32, F33, F80, F82)、1シリーズ(F20)、5シリーズ(F10, F11)、X1(F48)X3/X4(F25, F26)、X5(F15) ※いずれもNBT(iDrive4)搭載車種のみ
  • 価格・・・158,000円(税別、取付費別途)


【AVIN 10.25" BMW 3 Series 4 Series M3 F30 F31 F32 F33 F34 F36 F80 2012 - 2018 Multimedia Navigation System】
  • CPU・・・Quad-core CPU (PX3)
  • RAM・・・1GB RAM memory
  • ROM・・・16GB Internal Storage
  • 解像度・・・1280 x480
  • Android OS・・・4.4.4
  • 対応フォーマット・・・音楽(詳細不明だけど一通りできるようだ)、動画(MP4, AVI, FLV, MKV, 4K, 1080P, 720P)
  • モニターサイズ・・・10.25 インチ
  • 通信機器・・・Wi-Fi 802.11 a/b/g/n / Bluetooth
  • 記録媒体・・・MicroSDカードスロットx1、USBポートx2(いずれも256GBまで対応)
  • 保証期間・・・購入日より1 年
  • 対応車種・・・3/4シリーズ(F30, F31, F32, F33, F80, F82) ※NBT Evoはオプションで対応(+$149.99)
  • 価格・・・$549.99(ただいまセール中で$439.99)
  • オプション・・・Apple CarPlayアダプター($99.99)、反射防止モニタープロテクター($16.99)、GPSアンテナ($16.99)、フロントカメラ($149.99)、地図データ($49.99 ※インターネットなしでナビ使える。ただし北米と欧州のみ。)
  • ちなみに対応言語に"Japanese"がありました!

スペックは若干の違いはあれど、そう大差ないですね。
しかも見た目や基本機能はほとんど同じようですので、大元は一緒なのかもしれません。

そう考えると、この価格差はなんでだろ~なんでだろ~(古w)なわけですが。

個人的に BREX EntertainmentSystem Advanced Monitor が10万円も高いことを理屈付けできるのは、以下の優位性からかなと考えます。
  1. 日本国内の会社が販売しているので、正規取扱店で取り付ければ何かあっても大丈夫。AVINも保証はいつているけど、何かあった時のやり取りはおそらく面倒(英語が堪能であってもそれなりに面倒かと)。
  2. 純正ナビゲーションシステムをそのまま使えるっぽい。AVINの方はインターネット無しでナビを使う場合の地図データがオプションで用意されており、裏を返せば純正ナビゲーションが使えなくなるような気がする(確証はないけど)
  3. OSのバージョンもスペックも上(スペックはメモリとストレージ容量くらいだが)。Androidユーザーじゃないので、その差がよく分からないけど。

最後の3.はオマケ程度ですが、1.2.は大きなポイントですね。
まあ2.はもしかしたらAVINでも純正ナビが使えるかもしれませんが確証がないので賭けになりますし、何より1.の安心感は代え難いものがありますよね。

以前の私なら敢えてAVIN挑もうぜ!ってノリだったかもですが(笑)、今は落ち着いたと言えばいいのか年取ったせいなのか、BREXの方を選ぶと思います。

AVINだともれなくDIYで取り付ける羽目になりそうですし、仮にどこかのショップが取り付けてくれても機器の不具合は完全自己責任というかAVINに直談判ってことになるでしょうしね。
この点、BREXであれば取り付けは正規取扱店となることがほとんどでしょうし、そうなれば取り付けの不具合のみならず機器の不具合も含めて対応していただけることでしょう。



そんなわけで、私個人の結論としてはBREXを選択した方がいいように思います。

・・・が。
敢えてAVINを取り寄せてDIYで取り付けたい気も、5mmくらいあります(←あまり成長していない証拠w

ま、今の純正ナビで何ら不満はないですし、先日記事にした通り不足なシーンはiPad miniを使えばそれでいいので、いずれも買うことはおそらくないと思いますがね。
間違って買っちゃったら、レビューいたします(笑)


んでは!





0 件のコメント :

コメントを投稿